YASUKO IMAI

SCROLL

総合職
海外電力プラント第二本部

今井 靖子
2014年度入社 外国語学部卒

コスタリカへの留学が契機
途上国のインフラ整備に貢献

不平等な暮らしをなくす、
これが私の考える「世界平和」

人は生まれる場所を選べない。このことを痛切に実感したのは、大学時代にコスタリカへ留学した時でした。日本とは全く次元の異なる社会基盤の下、日々の生活を送る人々を目の当たりにし、「途上国のインフラ整備に関わる仕事がしたい」という想いが芽生えました。帰国後、三菱商事グループの説明会で「今後、三菱商事グループ内において、三菱商事マシナリがEPC事業のプラットフォームになっていく」という話を聞き、語学力を活かせ、若手にも海外出張や海外勤務の機会を与えてくれる当社なら、私にとって理想的な職場になると確信できたのが入社のきっかけです。

商社の商材は“自分自身”

私が所属する部署は、主に中南米向けの発電所の新設案件を担当しています。この仕事を進めていく上で最も大切なことは、顧客や市場との強いつながり。顧客のニーズや市場の傾向をタイムリーにキャッチし、案件ごとに顧客のニーズに基づいて最適なパートナーや技術を提供することが当社の役割です。双方の真意をどれだけキャッチできるかが鍵を握るので、顧客と良好な関係を築いていくことがとても重要。技術的な知識はメーカーの方々には敵いませんが、コミュニケーションにおいては「当社がプロ」と自負しています。関係者から「ありがとう」という言葉を頂くのが何よりの励み。入社2年目から海外出張も経験させて貰いました。

何でも“一番目”が好き、
女性総合職の道を自ら切り開く

いずれは発電所の新規案件に関わり、海外赴任したいという夢を抱いています。また、新卒の女性総合職としては私が最年長。以降、毎年のように新卒の女性総合職が採用されているので、彼女達の見本となる存在でありたいと思っています。総合職とはいえ、結婚も出産も諦めていません。出産、育児のために総合職を諦めてしまうのはもったいない話です。「何でも“一番目”が好き」という信念の下、私が道を切り開いていくので、悩んでいる方は積極的にOG訪問してください。時間が許す限り、私も対応します。

友人と過ごす時間、一人の時間、
どちらも大切な私の時間

普段はデスクワークが多いのですが、本来、私は体を動かすのが好き。ですので、余暇はボクササイズに勤しんでいます。もうすぐ始めて1年になります。もちろん、友人と外出するのも楽しみの一つ。そして、時には一人の時間も必要。読書家というほどではありませんが、ミステリー小説を読んだりもしています。

OTHER PEOPLE