EDUCATIONAL PROGRAM研修制度

SCROLL

三菱商事マシナリでは、人材(人財)つまり社員―人ひとりが成長するよう、研修制度の充実に取組んでいます。ここでは、内定者~若手社員(入社4〜5年目まで)を対象としている研修カリキュラムの一部をご紹介します。

各種研修制度

内定者研修(内定後)

内定後は、e-learningを用いて、グローバルに展開する当社の一員として不可欠な英語力、商社で働くために必要な財務会計、簿記(日商簿記3級相当)、各種PCスキル(Word、Excel、PowerPoint)といった基礎を固める研修を行います。

新入社員研修

新入社員集合研修
(4月)
入社から約3週間、集合研修が実施されます。ビジネスマナーや貿易の基礎知識を学ぶと共に、本研修を通じて同期の結束を強めて貰うことも目的の一つです。
新入社員通信教育
(5月~9月)
配属後は業務と並行して、貿易実務に関する様々な知識を約5ヶ月間かけて習得してもらいます。
貿易実務研修
(12月)
入社後9ヶ月目には、貿易実務についてより専門的な知識を身に付ける研修を行います。
フォローアップ研修
(2月)
三菱商事マシナリの一員として様々な業務を経験した約1年間を振返ると共に、2年目に向けての課題設定や今後の行動計画を立てる研修です。

若手社員ステップアップセミナー

当社の社員として成長を続け、更に高度な業務に取組むためには、自分自身の現状を理解すると共に、周囲から求められるものを認識し、自らの将来的なビジョンを描くことが重要になります。また、今まで以上に主体的に課題に取組む姿勢を身に付けることを目的とした研修です。

海外実務研修(業務上のニーズに基づき派遣)

総合職の若手社員を対象に、海外現場で実際に業務を体験・習得して貰い、現場感覚を身に付けることを目的としています。異文化での業務・生活に柔軟に適応し能力・精神両面で大きな成長を目指します。

新入社員集合研修(グループワーク)

基本的な座学に加え、グループワーク等も実施します。当社の仕事は必ずしも一人で行うものではありません。チームで協力し、プロジェクトを推し進めるためのコミュニケーション能力や連携も欠かせません。

新入社員集合研修(見学)

商社のビジネスと密接に関わる場所はどんなところでしょうか。百聞は一見に如かず。新入社員全員で港の貨物ターミナル等を見学します。

自己啓発支援

業務に必要な知識やスキルを習得できる研修メニューを用意しています。
(簿記、会計、法務、PC、語学(英語、スペイン語、中国語)等)

【財務・会計】

◆簿記3級DVDコース ◆簿記2級(通学・通信教育) ◆簿記1級(通学・通信教育)
◆決算書の見方 ◆キャッシュフロー入門 
◆所得税法入門 ◆法人税法入門 
◆消費税法入門

【法 務】

◆ビジネス実務法務検定3級コース 
◆ビジネス実務法務検定2級コース

【PCスキル】

◆Microsoft Office(Word、Excel、Access、Power Point) ◆ITパスポート

【語 学】

◆Global English<e-learning>(ビジネス英語、一般英語) ◆英語 ◆スペイン語 
◆中国語